アルブチンとは?いったいどんな成分なんですか?

美白効果で話題になる成分の一つにアルブチンというものがあります。
「アルブチンとは?いったいどんな成分なんですか?」と聞きたくなる方もいるでしょう。

アルブチンというのは、美白効果に優れており、厚生労働省も認可されている成分。

一般的に、アルブチンは、αアルブチンとβアルブチンにわけられます。
αアルブチン:江崎グリコが開発した成分で、天然のハイドロキノンにブドウ糖をα結合で転移させた成分のこと
βアルブチン:天然のハイドロキノン配糖体の成分(アルブチンのことを指す場合が多い。)

両方とも、美白効果があると言われています。

ここで注意しておいてもらいたいのが美白効果という言葉。
美白効果というのは、肌を真っ白にさせるというものではありません。
肌が真っ白になると、舞台役者のようになってしまいます。

一般的に美白効果というのは、「メラニンの生成を抑えることで、しみ、そばかすを防ぐ効果のこと」または、「日やけによるしみ・そばかすを防ぐ効果のこと」を意味します。

さらに、美白効果とうたっていいのは、厚生労働省による認可された成分のみ。
それ以外は薬事法で違反されています。

ですから、美白効果という化粧品をみつけたら、上の定義にあっているか、または、厚生労働省の認可つきかを確認しておくといいかもしれません。

アルブチンでくすみのない透明感あふれる美肌を手に入れませんか?

アルブチンはニキビ跡にどのような働きがあるのですか?

アルブチンは、一般的に美白効果がある成分だと知られています。
ほかにも、アルブチンは若い女性特有の悩みであるニキビ跡に効果があると言われています。
「ニキビ跡に対してどのような働きがあるのですか?」と思う方もいるでしょう。
ここでは、簡単に紹介します。

そもそもニキビ跡というのは、ニキビによって肌の細胞が傷つけられることで、その部分を修復しようとしてメラニンが過剰発生することで生じるもの。
つまり、ニキビ跡の黒ずみは、メラニン色素の沈着によるものなのです。

アルブチンは、メラニン色素合成成分であるチロシナーゼを抑制する作用があることから、ニキビ跡に効果的なのです。
こうして、アルブチンを摂取することで、ニキビ跡を生じなくさせる効果があるのです。

アルブチンは敏感肌の方でも安心して使える成分ですので、ニキビ跡で悩んだらまず取り入れたい成分の一つです。
注意してほしいのは、ニキビ跡やシミ・くすみ・そばかすなどに効果があるということ。
炎症作用自体は、アルブチン単独では効果が薄いものです。

ですので、ニキビ自体を取り除きたい場合は、硫黄やサリチル酸、ビタミンC誘導体といった消炎作用のある成分が効果的です。

»ウエディングドレスを着たいけど背中にニキビ跡のようなシミ...

ニキビ跡を発生させないためにも、ニキビ予防が大切です。

クレンジングではしっかり落とし、洗顔は過度にしない(潤い成分がたくさん取り除かれる恐れがあるため)、スキンケアは毎日欠かさず、保湿効果は常に意識してという項目は特に大事です。

基本的に肌に老廃物が溜まらなければ、ニキビを生じることはありません。

生活習慣を改善したり、ストレスをためないような生活にしたりなど身近なことから始めてみることも、ニキビ予防には効果的です。

アルブチン、αアルブチン、βアルブチン、ハイドロキノンの違いは?

美白効果があるということで話題になっているアルブチン。
実は、アルブチンには、αアルブチン、βアルブチン、ハイドロキノンといった種類があります。
アルブチン、αアルブチン、βアルブチン、ハイドロキノンの違いは何なのでしょうか?

アルブチン:サンタベリーや梨、ウワウルシなどに含まれている植物性美白成分のこと

主に、メラニン色素の合成を抑制する作用があるため、紫外線対策やシミ・そばかす予防に効果的。
1989年に厚生労働省が医薬部外品として認定された成分でもあるため、安心・安全。
合成アルブチンは肌に刺激が強いが、天然アルブチンは肌に優しいといわれています。

さらに、アルブチンは、αアルブチンとβアルブチンに分けられます。

αアルブチン:江崎グリコが開発した成分で、天然のハイドロキノンにブドウ糖をα結合で転移させた成分のこと
βアルブチン:天然のハイドロキノン配糖体の成分(アルブチンのこと)

αアルブチンは、水やアルコールによく溶ける性質が強い。
そのため、肌への親和性も高いのが特徴。
一般的に、天然のβアルブチンより、10倍以上の美白効果があると言われています。
人工的な操作によって作成されたものがαアルブチンで、天然のアルブチンがβアルブチンと思ってもらってもかまいません。

ハイドロキノン:純粋なハイドロキノンだけの成分

アルブチンと比較すると、美白効果が高いものの、肌への刺激が強すぎるのが難点。
ハイドロキノン配合の化粧水は効果を薄められているから安心ですが、その分効果も薄いです。

アルブチン、αアルブチン、βアルブチン、ハイドロキノンは、どれもメラニン色素抑制に関わる成分。
それでも、細かい違いがあるのでうまく使い分けていくことが大切です。

アルブチンとプラセンタでは、美白効果はどちらが高いですか?

アルブチンと共に美白効果があるといわれているプラセンタ。
アルブチンとプラセンタでは、美白効果に関してはどちらが高いのでしょうか?

アルブチンは、コケモモやウワウルシなどの植物に含まれている成分。
一般的に、天然型のβアルブチンと、ブドウ糖を合成したαアルブチンの2種類があります。

αアルブチンのほうが、天然型のβアルブチンより安全かつ効果が10倍以上と言われています。
共に、メラニン色素を合成する酵素であるチロシナーゼを抑制する効果があります。
つまり、紫外線や様々な要因からくるシミ・そばかす予防によって、肌の透明感を維持することで美白効果が得られるというわけです。

αアルブチンの特徴としては、即効性がないという点。
そのため、時間をかけて美白効果を実感するタイプのようです。
ただ、厚生労働省でも認可されている成分のため、安全性・効果に関しては申し分ありません。

一方、プラセンタは、豚や馬などの胎盤から抽出した成分。
細胞増殖因子やビタミン・ミネラル・アミノ酸などを多く配合しているのが特徴。
アルブチン同様、メラシン色素を合成する酵素であるチロシナーゼ抑制効果があります。

また、細胞増殖因子によって、肌のターンオーバーを促進する効果があります。
肌のターンオーバーを促すことで、肌の老廃物を除去しやすい環境にできます。
こうすることで、肌トラブルの原因であるニキビ・シミなどを起こさせない肌づくりができます。

ほかにも、抗炎症作用や豊富な栄養素で肌健康維持や女性の更年期障害にも効果的。

ですが、若いうちからプラセンタのようなターンオーバーを促進するものばかり使用していると、肌老化も進むといわれています。
どちらかというと、30代後半から取り入れたい成分ですね。

ビタミンCとアルブチンの違いは?シミにはどちらが効果的?

ビタミンCとアルブチンはどちらも美白効果があると言われています。
ビタミンCとアルブチンの違いは、いったい何なのでしょうか?

ビタミンC:果物に多く含まれている成分で美白効果があるもの。
しかし、熱や酸素などに弱く普通の状態ではすぐに効能を失ってしまうなどの欠点がある。
そのため、ビタミンC誘導体など熱や酸素に強いビタミンCを使っている化粧品が多くあります。
(ただ紫外線には弱いので注意してください。)

ビタミンCの働きはというと、シミ・くすみを無くす&取り除く効果があるというもの。
どちらかというと、肌の黒ずみを無くして透明感を引き立たせる美肌効果があるといえます。

アルブチン:サンタベリーや梨、ウワウルシなどに含まれている植物性美白成分で美白効果があるもの。

天然のままのアルブチン(βアルブチン)や、ブドウ糖と合成させることで、さらなる安全性・抜群の効果が期待できるαアルブチンの2種類があります。
どちらも、肌のメラニン色素の合成を抑制する効果がある成分です。
つまり、アルブチンの働きは、日焼けによるシミ・そばかすの予防効果があるというもの。

一般的に、αアルブチンを配合した化粧品かビタミンC誘導体(ビタミンCと同等の効果の成分で壊れにくい)を配合した化粧品が、シミに効果的です。
ただ、αアルブチンの場合、ビタミンC誘導体より予防&取り除く効果が高いというところも見逃せません。

シミの原因を予防するためにαアルブチン、万が一メラニン色素の沈着が始まった場合は、ビタミンC摂取などをこころがけていくといいかもしれません。

美白効果のあるアルブチンを使った化粧品には、どんな商品がありますか?

美白効果のあるアルブチンを使った化粧品には、どんな商品があるのでしょうか?

一般的に、
●コスメティックスローランド うるおいスキンローションAV
●菊正宗 日本酒の化粧水
●なめらか本舗 美白化粧水 と 美白しっとり化粧水 と サナ 薬用美白化粧水 と 薬用美白化粧水(しっとり)
●ちふれ 美白化粧水 AR と 美白乳液 AR
●肌研(ハダラボ) 白潤 薬用美白化粧水 と 白潤 薬用美白化粧水 しっとり
●アスカ フツールビオスイッツランドホワイトローション と スキンミッション1000mlプレミアムローションインエッセンス
●バイタルプラス ホワイト バイタルプラスホワイトローション と しっとり
●綾花 ホワイトニングローション
●ベルシーオ 薬用ホワイトニングローション MとP
●ネイチャーリパブリック アスタルビーローション と マッコラローション
●MISSHA ミシャレボリューション/ホワイト エッセンシャルトナー
●アルブホワイトEX ホワイトローション と ホワイトローションモイストアップ
●banilaco バニラコ W3 インテンスィブ ハイドロジェル 
●ニナファームジャポン ミスとローション ヴォワレ
●海のブレア ブースターローション
●オルビス ローションホワイトAW
●メラノサイエンス ホワイトニングローション と モイストタイプ
●天元 ブライトニングローション
●アスタリフトホワイト ローション
●Noom ムーンウォーター
●メコゾーム プレミアムローション
●絹麗粋 プレーモイストーアクア ホワイト
●maNAra うるおい濃厚化粧水
●Shally blan ローションブラン
●グランデーヌ グランデーヌ スーペリア ホワイトニングローション
●ブレディア ホワイトスパ ブレディア ホワイト スパ ホワイトニングローションMとL
●ロゼリカ バランシングローション
●カバーマーク プレシャスブライトローション
●eula ストレーテストトナー
といったものです。

もちろん、ほかにも調べてみればたくさんあります。

基本的にライン使いが効果的ですので、お好みのメーカーから調べてみるのもいいかもしれません。