アルブチンとは?いったいどんな成分なんですか?

美白効果で話題になる成分の一つにアルブチンというものがあります。
「アルブチンとは?いったいどんな成分なんですか?」と聞きたくなる方もいるでしょう。

アルブチンというのは、美白効果に優れており、厚生労働省も認可されている成分。

一般的に、アルブチンは、αアルブチンとβアルブチンにわけられます。
αアルブチン:江崎グリコが開発した成分で、天然のハイドロキノンにブドウ糖をα結合で転移させた成分のこと
βアルブチン:天然のハイドロキノン配糖体の成分(アルブチンのことを指す場合が多い。)

両方とも、美白効果があると言われています。

ここで注意しておいてもらいたいのが美白効果という言葉。
美白効果というのは、肌を真っ白にさせるというものではありません。
肌が真っ白になると、舞台役者のようになってしまいます。

一般的に美白効果というのは、「メラニンの生成を抑えることで、しみ、そばかすを防ぐ効果のこと」または、「日やけによるしみ・そばかすを防ぐ効果のこと」を意味します。

さらに、美白効果とうたっていいのは、厚生労働省による認可された成分のみ。
それ以外は薬事法で違反されています。

ですから、美白効果という化粧品をみつけたら、上の定義にあっているか、または、厚生労働省の認可つきかを確認しておくといいかもしれません。

アルブチンでくすみのない透明感あふれる美肌を手に入れませんか?