アルブチンはニキビ跡にどのような働きがあるのですか?

アルブチンは、一般的に美白効果がある成分だと知られています。
ほかにも、アルブチンは若い女性特有の悩みであるニキビ跡に効果があると言われています。
「ニキビ跡に対してどのような働きがあるのですか?」と思う方もいるでしょう。
ここでは、簡単に紹介します。

そもそもニキビ跡というのは、ニキビによって肌の細胞が傷つけられることで、その部分を修復しようとしてメラニンが過剰発生することで生じるもの。
つまり、ニキビ跡の黒ずみは、メラニン色素の沈着によるものなのです。

アルブチンは、メラニン色素合成成分であるチロシナーゼを抑制する作用があることから、ニキビ跡に効果的なのです。
こうして、アルブチンを摂取することで、ニキビ跡を生じなくさせる効果があるのです。

アルブチンは敏感肌の方でも安心して使える成分ですので、ニキビ跡で悩んだらまず取り入れたい成分の一つです。
注意してほしいのは、ニキビ跡やシミ・くすみ・そばかすなどに効果があるということ。
炎症作用自体は、アルブチン単独では効果が薄いものです。

ですので、ニキビ自体を取り除きたい場合は、硫黄やサリチル酸、ビタミンC誘導体といった消炎作用のある成分が効果的です。

»ウエディングドレスを着たいけど背中にニキビ跡のようなシミ...

ニキビ跡を発生させないためにも、ニキビ予防が大切です。

クレンジングではしっかり落とし、洗顔は過度にしない(潤い成分がたくさん取り除かれる恐れがあるため)、スキンケアは毎日欠かさず、保湿効果は常に意識してという項目は特に大事です。

基本的に肌に老廃物が溜まらなければ、ニキビを生じることはありません。

生活習慣を改善したり、ストレスをためないような生活にしたりなど身近なことから始めてみることも、ニキビ予防には効果的です。