アルブチン、αアルブチン、βアルブチン、ハイドロキノンの違いは?

美白効果があるということで話題になっているアルブチン。
実は、アルブチンには、αアルブチン、βアルブチン、ハイドロキノンといった種類があります。
アルブチン、αアルブチン、βアルブチン、ハイドロキノンの違いは何なのでしょうか?

アルブチン:サンタベリーや梨、ウワウルシなどに含まれている植物性美白成分のこと

主に、メラニン色素の合成を抑制する作用があるため、紫外線対策やシミ・そばかす予防に効果的。
1989年に厚生労働省が医薬部外品として認定された成分でもあるため、安心・安全。
合成アルブチンは肌に刺激が強いが、天然アルブチンは肌に優しいといわれています。

さらに、アルブチンは、αアルブチンとβアルブチンに分けられます。

αアルブチン:江崎グリコが開発した成分で、天然のハイドロキノンにブドウ糖をα結合で転移させた成分のこと
βアルブチン:天然のハイドロキノン配糖体の成分(アルブチンのこと)

αアルブチンは、水やアルコールによく溶ける性質が強い。
そのため、肌への親和性も高いのが特徴。
一般的に、天然のβアルブチンより、10倍以上の美白効果があると言われています。
人工的な操作によって作成されたものがαアルブチンで、天然のアルブチンがβアルブチンと思ってもらってもかまいません。

ハイドロキノン:純粋なハイドロキノンだけの成分

アルブチンと比較すると、美白効果が高いものの、肌への刺激が強すぎるのが難点。
ハイドロキノン配合の化粧水は効果を薄められているから安心ですが、その分効果も薄いです。

アルブチン、αアルブチン、βアルブチン、ハイドロキノンは、どれもメラニン色素抑制に関わる成分。
それでも、細かい違いがあるのでうまく使い分けていくことが大切です。