ビタミンCとアルブチンの違いは?シミにはどちらが効果的?

ビタミンCとアルブチンはどちらも美白効果があると言われています。
ビタミンCとアルブチンの違いは、いったい何なのでしょうか?

ビタミンC:果物に多く含まれている成分で美白効果があるもの。
しかし、熱や酸素などに弱く普通の状態ではすぐに効能を失ってしまうなどの欠点がある。
そのため、ビタミンC誘導体など熱や酸素に強いビタミンCを使っている化粧品が多くあります。
(ただ紫外線には弱いので注意してください。)

ビタミンCの働きはというと、シミ・くすみを無くす&取り除く効果があるというもの。
どちらかというと、肌の黒ずみを無くして透明感を引き立たせる美肌効果があるといえます。

アルブチン:サンタベリーや梨、ウワウルシなどに含まれている植物性美白成分で美白効果があるもの。

天然のままのアルブチン(βアルブチン)や、ブドウ糖と合成させることで、さらなる安全性・抜群の効果が期待できるαアルブチンの2種類があります。
どちらも、肌のメラニン色素の合成を抑制する効果がある成分です。
つまり、アルブチンの働きは、日焼けによるシミ・そばかすの予防効果があるというもの。

一般的に、αアルブチンを配合した化粧品かビタミンC誘導体(ビタミンCと同等の効果の成分で壊れにくい)を配合した化粧品が、シミに効果的です。
ただ、αアルブチンの場合、ビタミンC誘導体より予防&取り除く効果が高いというところも見逃せません。

シミの原因を予防するためにαアルブチン、万が一メラニン色素の沈着が始まった場合は、ビタミンC摂取などをこころがけていくといいかもしれません。